登山、山登りのはてな(FAQ:よくあるご質問)

※ここに掲載している質問についての解答は、あくまで私の経験による初心者向けのものです。
 プロではないので絶対の回答ではありません。参考程度に見てください。

普段あまり運動しません。体力に自信がないのですが登山に誘われました。大丈夫でしょうか?
山に行くときに気をつけたいのは第一に安全です。
体力に自信がないとのことなので、初めてであれば勾配のきつい山や迷いそうな箇所の多い山などは避けたほうがいいと思います。
ただ、山を選び、登山ルートやこまめに休憩を取るなど、少し気をつければ体力に自信がない方でも十分に楽しめると思います。引率の方に自分の運動経験や不安な気持ちなどを素直に相談し、安全に気を付けた余裕をもった登山計画を立ててもらいましょう。
個人的にはどんな山であっても、靴、雨具は最低用意したほうがいいと思います。スニーカーで登れるような山もありますが、道によっては滑りやすくやはり不安です。
雨具はきちんとしたものを買わないとダメ?結構高くて買うのをためらいます・・・
実は私もきちんとした雨具を買ったのは結構最近です。
最初のうちは雨に当たることも少なく、また険しい山に登ることがほとんど無かったので、正直100円ショップで売っているビニールのカッパと折りたたみ傘のみ持参でした。ただ、やはりきちんとしたものを買うに越したことはありません。高機能雨具は寒いときには防寒用に着ることも可能です。
GORE-TEXなどの高級雨具とはいかないまでも、上下10000円ぐらいで防水透湿の高機能雨具は売っています。が、もちろん高ければそれに見合った性能があるので、お財布と相談しながら安全な登山ができるよう雨具を用意しましょう。
山に行くときの服装。滅多に行かないのであまり高価なものは買いたくないんだけど、山専用のものを用意しないとダメ?
下記、あくまで主観ですが、安くても間に合うもの、高くても買ったほうがいいものをまとめました。

【安くてもOK】
・Tシャツや肌着・下着類
ユニクロやguなどの吸水速乾のものでも機能的に十分だと思います。夏はサラファイン、冬だとヒートテックもあるし、私の中ではかなり活躍です。
しまむらでも最近似たようなものが出てますね。やはりコストパフォーマンスは抜群!

・冬のアウター
これは特にブランド品だと高価です。が、私はこれもユニクロ&guで調達。
上はウルトラライトダウン、下は暖パン!これでかなりの寒さも耐えられます。
特にウルトラライトダウンはカラーバリエーションも多い上に、軽い、コンパクト収納できるなど、とっても登山向き!冬には常時携帯です。
暖パンも外にポケットが付いていたりして便利です。何せ暖かいので重宝します。ただ、靴を脱がないと履き替えられないのがマイナス点。雨具みたいにファスナー付いててそのまま履けたら文句無しなんだけどな。

【高くても買ったほうがいい】
・靴
高いといっても1万円以下でなければ大丈夫だと思います。ちなみに私の普段履いている靴は、大体1万円代前半のものです。
あまりに安いと滑りやすかったりするので、やはりある程度のものを用意したほうがいいと思います。
あとは、いろいろなメーカーの物をきちんと試し履きして、自分に合ったものを探すといいでしょう。

・雨具
上述の通り。安いとジメジメして気持ち悪いし、防水性能も良くないです。
山で体を濡らして冷やすのはかなり命に関わる問題になってくるので、やはりある程度高くても買ってください。

上記、もちろん登る山や季節によります。基本的に厳冬のアルプスとか極限状態の山は除いてのお話ですのでそのつもりで。目安は金剛山くらいでしょうか。
最近は安くても機能的な商品が多いので、上手に活用したいですね。

山岳保険ってどうなの?入ったほうがいい?
遭難した場合にヘリなんか飛んじゃう騒ぎになると、請求がどえらいことになるとか・・・
「遭難なんてするような山には行かないし、まず大丈夫」と思っていても、足を挫いたりして動けなくなるということは、どんな低い山でもありえます。動けなくなると必然的に救助が必要ですよね。同行者におぶってくれるようなスーパーな人がいればいいのかもしれませんが、そんな場合ばかりではないでしょう。少なくとも私の周りにそんなスーパーな人はいません。
私は何事も安全思考なので、もれなく加入しています。実際、あわや大惨事、という怖い思いを何度か経験したり、また見たりしたことがあり、使ったことこそないですが、保険に入っていて良かったと思いました。
また保険によっては、登山以外のアウトドアの場合にも適用されるものもあるので、意外に保険の活用範囲は広いと思います。
安心を買う意味でも入ることをオススメします。以下に、少し山岳保険を紹介します。

モンベルの保険
アウトドア形態によって保険もいろいろあるので、自分にあったものを選べます。
山・アウトドアの専門モンベルという名前もあって、なんとなく安心な感じがしますね。ウェブ申し込み可。

レスキュー費用保険
入院・通院などの補償はありませんが、レスキューに特化していて、保険料が比較的少額です。
ちなみに私はこれに加入しています。ウェブ申し込み不可。申込書を郵送です。

日本山岳救助機構合同会社の保険
会員制度の保険です。入会金+年会費+事後分担金という制度なので、年によって保険料は変化するようです。
プロによる遭難防止のための講習会、訓練、コンサルなどが受けられるという特典があるようです。

その他、登山用とは名前にない、レジャー保険、アウトドア保険といった保険でも、適用される場合があるかと思います。
また、数日だけといった短期のものもあります。
補償内容をよく読んで、自分に合ったものを選びたいですね。

どうして山に登るの?しんどいだけじゃない??
よく聞かれます(笑)
ただ楽しみは人それぞれなので、私には「無性に登りたくなるから」としか言えませんね。
特に天気のいい休日、用も無く家にいて1日つぶしたときなんかは「なんで今日山に行かなかったのか・・・」とすごく損をした気持ちになります。
まぁ「登りたくなる」理由を客観的に分析してみると、おそらく

・景色がきれい
・普段の生活からの開放感
・山で食べるご飯は下界よりおいしい!(これは単なる思い込み、もしくは普段より動いたからお腹が空いているだけ)
・山頂ではやっぱりビールでしょ!(これもただ単に飲むことを正当化しているだけ)

などなどではないかと思います。総じて「無性に登りたい」のです。
私にはマラソンランナーが「何で走るの?しんどいだけやん!」としか思えないのと同じで、楽しさを共感できない人から見ると同じなんでしょう。

ページトップへ